キッズアカデミーブログ - 入間店 -

1/12 木曜ファンクラス

この日はボルダリング。

2チームに分かれてコーチ課題にトライ!

 

スラブ、垂壁、カブリ、、、いろんな壁を登りました。

ボルダリングでも、気を付けるのは姿勢。

どんなスポーツでも正しい姿勢が大事!

 

あとは、カチやスローパーなど、苦手なホールドも今年は持てるようにしよう。

次回はカチ、スローパー克服課題をつくるぞー!!

 

さー手の皮がむけそうなくらい頑張ったね★

来週はトップロープなので、前回出来なかった課題にチャレンジしよう♪

 


1/5 木曜ファンクラス

新年あけましておめでとうございます。

今年も元気いっぱいに、宜しくお願い致します!!

 

さて、新年初のレッスンから新しい友達が加わりました!!

長森 晴(ナガモリ ハレル)君 2年

木曜ファンクラス 最年少ですが、気合十分!やる気満々です★

 

この日は新しくなった壁で、トップロープ。

一本目は5.9の「毬藻(まりも)」

足音を立てないように、背筋を伸ばして正しい姿勢で登りました。

 

その後は、それぞれ自分が魅力を感じたルートをトライ!!

初めて触るルートなので、先にあるホールドの形も不確かで怖いけれど、

次の一手を出す勇気を今年は少しずつ出していこう!!!

この日ヒロタカ君は10Dをオンサイトしました!おめでとう!

最後は恒例のじゃんけんゲーム!

ハレルゲーム

コナちゃんがお休みだったので、男の子だけのレッスンでした~

ハレル初めて

 

 

 

 


1/13 金曜ファンクラス

先週は、「足の置き方」について、足を置く時は足元を確認し、丁寧に置く練習をやりました。

今日も引き続き、トップロープで足置きの練習からスタート。

意識するか意識しないかで大きく差が出ます、先週やったことが少しずつ登りに表れています。

 

まず5.9の課題で、足置きスペシャリストの第一歩を踏み出しました!

ルート名が「忍び足」だけに、みんなは忍者に変身したかのような静かな足置きかつクライミングでした。

次は、5.10A~5.10Cの課題にチャレンジ。

各々が登りたい課題を選択しました。

 

ミツキ 「羽根板 10A」

1回目 下部の動きはピカイチ。動きにキレがあり、上部へ。上部の遠いムーブを前に、気持ちが負けてしまった。

2回目 1回目の悔しさをどう向き合うか、逃げずに挑戦し、見事完登。できないことができる喜びを感じたでしょう。やったね!!!

 

リョウ 「羽根板 10A」

1回目 下部は迷いながらも動きは悪くない、上部の核心に到達。手が痛くなったようで、そこまで。手の痛みよりも精神的な弱さがでたように感じました。

2回目 逃げるか、立ち向かっていくか。リョウは1回目での反省を2回目チャレンジにかけました。すると、上部の核心を越え、最後までヒヤヒヤしましたが、完登。ナイスclimbing!!!

 

ユウライ 「羽根板 10A」

1回目 久しぶりのクライミングだったせいか、少し弱気。上部の核心まで到達するも越えられず。

2回目 惜しくも核心を越えることができませんでしたが、ホールドをつかみにいく気持ちの入った動きでした。Newシューズを履き込んで、上達しようね。

 

ヒロキ 「羽根板 10A」

1回目 いつも迷いながらのクライミングで、ゆっくり登る癖があり、今日は動きをスムーズにしようと約束し、ヒロキなりに考え登ってくれました。

2回目 結果としてこのルートを登ることが出来ませんでしたが、変わろうとする意志があり、今後に期待。またチャレンジしようね。

 

リョウタ 「羽根板 10A」

1回目 リョウタはトップロプ経験が少ないので、まず思い切り登ること。そこで感じたことを大切にしてほしい。

2回目 登れなかった悔しさを受け止め、次回につなげてほしい。どうして登れなかったのか、気持ちが負けていたのか、それともその動きができないからなのか。

 

カホ 「ぐれすけ10B/隕石の衝撃10C」

1回目 10Bともなれば様々な能力が問われるが、それ以上に大切なのが向かっていく気持ち。遠い動きが出てきても、そこで今持てる力を出し切る。チャレンジ姿勢のナイスclimbingで完登!!!

2回目 カホにとって10Cは登りたい課題であり、また大きな壁でもあります。残しは核心のムーブのみ。チャレンジし続けようね。


1/12 Cクラス

正月から時間が経ち、これからが本格的な登り込み時期。

ここ最近、みんなの登りを見ていると、スタミナ不足が際立ちます。

改めて、レッスンでのリードクライミングが重要なんだなと感じています。

 

今日のレッスンは、リードメイン!

完登間近な子が何人もいます、さて今日は誰か完登できたのか!?

 

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 下部から流れ良く、身体が動いている、、、

これはと思いましたが、スタミナが。体が動いているので、あとは前腕のスタミナのみ。

2本目 1本目の高度までいけず。中学で忙しいと思いますが、だからと言って登る時間がないとは言えません。

自分で時間を見つけて登りましょう。

 

サワ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 ラスト3手のところまで、前回よりも余裕を感じるクライミング。

先週、コーチからスタミナ不足と言われ、自主練習した成果が少し出てきています。

2本目 2本目はいつも高度が下がるが、練習の成果で1本目と同じ高度。

自主練習を続けて、スタミナを身につけ、来週完登目指そう!!!

 

ナツキ 「Black garnet 12A」

1本目 気分転換にと、初ルートにチャレンジ。下部から大きな動きが続き、足さばきが重要なルート。

ナツキにとって最も求められる要素の詰まったルート。

中間部より少し上まで到達。

2本目 足が安定しない、下半身がブラブラする。それでは腕の力をつけても足らない。

ダイナミックな動きを得意にするナツキですが、弱点が下半身と足置き。登りやすいルートやボルダーで練習しよう。

 

カイト

1本目 「ヒデスク11A→緑亭11B」の連続クライミング。

これまでずっとポムピンをやり続け、少し気持ちを切り替えようと別の課題で持久力試し。

11Aよりも11Bの方が、動きのキレがあり良かった。

2本目 「ポムピン 11C」

本命のポムピンへ。動きは悪くないのに、いつものムーブで敗退。そのムーブを前にすると一気に動きが小さくなる。なぜか、その答えは自分の中にあるのでは。

 

トモコ 

1本目 「ヒデスク11A→緑亭11B」の連続クライミング。

以前は遠く感じていた動きがそう感じなかったのでは。11Bのルートを登っているトモコは大きく見えた瞬間でした。

2本目 「ポムピン 11C」

下からつなげると、どうしても核心のムーブが定まらない。大きく動けているがまだ動きの質を高めることができる。

ボルダーでも難しい課題に自分からトライし、そこで遠いムーブに必要なスキルを身につけよう。

 

ユウ 

1本目 「ジェイソンマスク10D→快楽主義10C」

連続クライミング、ユウには「大きく動くこと」足でしっかり蹴り上げることを実践してもらいました。

徐々に動きにキレがでてきたような。

2本目 「緑亭 11B」

ユウの課題ルート、1本目の連続クライミングでは「大きく動くこと」を意識し、その流れがそのままに。

何度練習しても出来なかったムーブがついに出来るように、しかも2回連続。

一つハードルを乗り越えたね、おめでとう。

 


1/6 金曜ファンクラス

新年あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします!!

正月っぽい写真を撮ってみました。

15826594_1243024279111388_5728564285740245974_n

 

今日のレッスンは、ボルダリング。

テーマは「足の置き方」

登る時、手で持つホールドに集中しがちで、多くの子が足元をみていません。

「上達の近道は、足元から」(コーチの勝手に作った格言)

易しい課題で、ホールドに足を乗せるときに、音を鳴らさないように丁寧に置く練習をやりました。

バタバタと音を立てていた登りから、静かに足を置くクライミングへと変化。

見ている方は、気持ちが良いです。おそらく登っている本人たちもそう感じているのでは。

前半30分は、足置きの練習をみっちり行いました。

 

後半は、奥の壁に移動し、

「ダイナミックな動き」の練習。

動きだしのコツをつかめるよう何度も何度も練習し、徐々に安定してきました。

実はこの時も足置きは大切なんだよね。

自主練習するとき、足置きへの意識が当たり前になるまで練習してね。

 


1/5 Cクラス

明けましておめでとうございます!

新年最初のレッスンは、リードクライミングから!!

年末年始はどう過ごしていたかな?

 

登っていなかった子もいたので、今日は自分たちが登りたいルートを選んで、そのルートを2回チャレンジしました。

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 ゴール間近、あと2手のところまで。年末年始登っていなかったわりには動きにキレがありました。

2本目 1本目で力を使い切ったのか、中間部まで。スタミナ不足。登り込んで、持久力をつけよう。

 

ナツキ 「エヴァピンチ 12B」

1本目 ゴール一手前という非常に惜しい、かつ良いクライミングでした。

2本目 1本目より高度が下がってしまったが、思い切りの良いクライミング。まだまだ安定感ある登りではないので、下半身への意識を高めていこう。そうすれば、腕の力の温存にもつながる。

 

カイト 「ポムピン 11C」

1本目 前回越えられなかったムーブをクリアしましたが、その後足の選択ミス。

2本目 1本目の反省を踏まえてのトライでしたが、同じところまで。このルートから逃げずに挑戦し続けよう。

 

サワ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 完登目指してのトライ、あと3手のところまできました。動き自体には余裕が出てきましたが、持久力がまだまだ。

2本目 スタミナ不足で、中間部まで。易しいルートでも構わないので、ルートで前腕を慣らそう。

 

ユウ 「緑亭 11B」

1本目 前回のクライミングで、一皮むけたようです。以前ホールドに触ることができなかったムーブが触れるように。

2本目 1本目よりさらに近く。あとは下半身のフリとタメ。腕で引こうとしないこと。

 

トモコ 「ポムピン 11C」

1本目 トモコ最大の核心一手が定まらない。感じたのが体のフリが定まっていないこと。本人もおそらく気付いているでしょう。

2本目 1本目同様。自主練習で、そのムーブのコツをつかもう。そうすれば、完登はすぐそばにある。

 

残り時間は、ボルダーとじゃいけんクライミング(しぶみ壁)

10分をこえる白熱した戦いでした。

結果は両チーム引き分け。

 

最後に、

今年度は「自分で考える」をテーマにレッスンしていこうと考えています。

すぐに誰かの助けを求めるのではなく、自分で実践し失敗し、そこでコーチからアドバイスをもらう。

試行錯誤した結果が自信につながります、ただし強い気持ちを持ち続けないといけません。

みんなは、クライミングが大好きで、もっと上手く強くなりたいから、Cクラスにいます。

クライミングが好きな気持ちを大切にしてほしい。

 

 


12/22 Cクラス

2016年最後のCクラスレッスン。

まずは、この一年を振り返るクライミングをすべく、

フレッシュな状態でのリードクライミング。

 

この一年間様々なことを経験し、時には壁を感じ、くじけそうになったかもしれないけれど、

今日のこの一本は「何も考えずに思い切る!!!」とみんなと約束。

 

リードを1本登った後は、自分たちがやりたいことを自分たちで選んでもらいました。

誰のことを気にすることなく、自分がやりたいことをする。

最後のレッスンなので、少し変化を加えて。

今後は徐々にこうした自立できるようなレッスン内容も含めて行こうと考えています。

自分が出した結果。

・ボルダーをやる(カイトのみ)

・2本目リードをやる(アカネ/サワ/トモコ/ナツキ/ユウ)

コーチも何となくこう分かれるのかなと思っていました。

自分の選択した事に責任をもってほしいし、それには逃げずに立ち向かってほしい。

 

以下、レッスン内容

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 登る前にロープが絡まり、それを解くのに時間がかかり、準備不足。

そのトライは言うまでもない中途半端なクライミングでした。非常に残念な登りで、かける言葉が見当たらず。

本人が一番感じていることでしょう。特に何も声をかけず、これは2本目やるんだろうなと思いました

2本目 1本目が余程悔しかったのでしょう、2本目はアカネらしいクライミングで、あともう少しで完登。あと2手。

今までで一番思い切った登りをしてくれました。

今年から中学生になり、生活環境が変わる中、アカネもその変化に良くも悪くも影響を受けたことでしょう。

ここ最近、落ち着いてきたので、来年はより伸び伸びできるかな。

 

トモコ 「ポムピン 11C」

1本目 中間部、最大の核心まで。その後、何度か練習し、ムーブができるようになり、そのままトップアウト。

動き自体は悪くないのですが、核心を前にすると、どうしても思い切った動きができない。

誰よりもこのルートを登りたい気持ちが伝わります。

2本目 登る前に「1本目やこれまでの事を気にせず、このトライに全てを出し切ろう」と伝え、挑戦。

惜しくも核心を越えることができませんでした。降りてきたとき、悔しさのあまり、思わず涙が。

トモコは誰よりもルートを練習しているのを見ているので、コーチもうるっときました。

「一生懸命やったのに出来なかった」この悔しさは彼女にしか分からない。一生懸命やったから感じる悔しさ。

これからも挑戦し続けてほしい。

 

サワ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 このルートへのトライで一番良いクライミング、ラスト核心手前まで。その後、初トップアウト目指し登りましたが、ゴール取りが出来ませんでした。

この思い切ったトライで、本人は「出来るかもしれない」という思いが「出来る」に変わった瞬間でした。

2本目 1本目をさらにこえる登り、ゴール一手のところまでたどり着きました。動きと気持ちがかみ合ってきました。

思い切りの積み重ねが今回のような瞬間を作り出します。

今できる自分の力を日々の練習で発揮すれば、そこには大きな自信があります。

近いうちに再チャレンジしてほしいです。

 

ナツキ 「エヴァピンチ 12B」

1本目 緊張していたようで、少し空回りしていました。

下部から動きが硬く、中間部のダイナミックな動きで足が切れ、そこまで。

ナツキの良さであるガムシャラさが良い方向に行くとき、そうでない時があり、何か自分の中で大切にするものがあれば安定するんだろうな。

コーチからは「呼吸」のアドバイスかな。

初の12Bで厳しい壁だけれども、ナツキの思い切りの良さであれば乗り越えられる。

2本目 今できるナツキの登りが出来ていたと思います。まだまだ粗削りなところばかりだけれども、それは今後の成長幅かな。

また来年もナツキらしさを出してほしいです。

 

カイト 「ポムピン 11C」

1本目 中間部の核心手前まで。

厳しいことを言うけれども、このルートから逃げていても先はありません。

カイトは壁が出来ると、それから目を背けてしまう。それで納得しているのであれば良いです。

実際どうかな?自分の事は自分で考え、行動してほしい。

その後、Cクラス選手権の課題を30分セッション。

この一年、やってきたことを少し振り返ってほしい。

そしてこれからどうするか、今この瞬間を大切にしてほしい。

 

ユウ 「あとの祭り 11B」

1本目 登る前に、ユウと「核心のムーブを躊躇せずに手を出そう」と約束しました。

いつもどうしても躊躇する癖があり、それを打開したく、ユウにまず一歩進んでほしく、そう伝えました。

結果は、核心を越えられなかったが、それ以上に核心ムーブで思い切って手を出すことができました。

モヤモヤしていた気持ちが少しスッキリしたかな?

2本目 1本目での勇気ある一手が完登へと繋がりました。よく頑張ったと思います。

出来る出来ないよりも、そこにどう向かっていくかが大切。今日最初のトライは、まさに壁に向かっていくユウがいました。

今日感じたことを忘れないでほしい、そしてこれから先、少しずつチャレンジしていこう。

 

最後に、Cクラス初じゃいけんクライミング!!!

ナツキ/サワ/アカネ VS カイト/トモコ/ユウ

勝者は、カイト/トモコ/ユウのチーム

白熱した戦いでした。

 

2017年もこのメンバーで楽しくレッスンしようね、良いお年を♪

15590608_1228695703877579_5490692070387186597_n

 


12/22 木曜ファンクラス

昨日は今年最後のキッズアカデミー!!

最後のレッスンはわびさび壁!

コーチ課題を1課題2トライずつ。

前にこの壁に来たときは、みんな傾斜に耐え切れずポロポロ落ちていたけれど、

最近登る量が増えたからか、かなり上達を感じました。

 

みんなの苦手なスローパー、カチ、距離の遠いホールド等を交えて、

まずは自分の力で。

その後、できないところはコツを聞いてから再びトライ。

トップまで行けた子も何人かいました!(^^)!

残り10分は、今年最後のじゃんけんクライミング!!!

%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5x%ef%bd%8b%ef%bd%88%ef%bd%93%ef%bd%8b

逃げ恥チームvsKSHKチーム!!

逃げ恥チームは逃げ恥ダンスで応援☆

%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5傾斜があるので、思ったより辛い!!

じゃんけんをする前に落ちる子もたくさんいました(笑)

%e3%82%8f%e3%81%b3%e3%81%95%e3%81%b3%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%80

10分以上の戦いの末、KSHKチームの勝利!

(ちなみにチーム名はコウシ、シュウヘイ、ヒロタカ、コナの頭文字)

最後はみんなで集合写真。

こう見ると、みんな大きくなったなぁ、、、

2016%e6%9c%80%e5%be%8c%ef%bc%81%ef%bc%81

今年は10月から体制が変わり、みんながたくさん上りに来てくれて、それぞれのクライミング能力が

上がったのをとても感じます。

成長に驚きを隠せず、嬉しくてうるっときてしまうことも、、、

 

クライミングは痛かったり、悔しかったり、つらいことも多いけれど、

なにより楽しく登って、できなかったことができるようになる達成感を感じてほしいです。

そのために頑張ること、結果への過程が大切ということを、自分自身で感じてほしいと思っています。

 

来年もみんなで一緒に成長しようね!!

冬休みも待ってます☆


12/16 金曜ファンクラス

今日は、コーチを含め、全員揃って初めてのレッスン!

トップロープレッスンを行いました!!

 

レッスンでは初めて経験するリョウタとヒロキ。

まずは、「5.9のブラックアロー号」に乗車という名のトライ。

特急電車を彷彿させるかのような高速クライミングでした、下半身の意識、足で登るのが徐々に出来ています。

でも難しい課題にチャレンジするには、まだまだ足らない事があるので練習していこう。

 

お次は、前々から挑戦しているルート「5.10C 大豆三太郎」、

ミツキ&カンナ&リョウ&ユウライがトライ。

前回よりも高度を上げることができたカンナ、リョウ。

惜しくも下がってしまったミツキ、ユウライ。

それぞれ今回何が良かったのか、悪かったのか、さらにどうすれば高度を上げることができるのかを考えないといけません。

何となく登る、それでは行き当たりばったり。登れたとしても、いつか壁にぶつかります。

いつその壁に出会ったとしても、対応できるように心の準備をしておこう。

 

リョウタ&ヒロキは、「5.9 ペンパイナップル」、

リョウタは初チャレンジ、ヒロキはレッスン以外でチャレンジしており、登れていないみたい。

強い気持ちがあれば、そんなのは関係ない。

やってくれました二人とも完登!!!

 

カホは、「 5.10C 膝浜理ノ助 」、

初チャレンジの課題で、かなり不安そうでしたが、果敢に登ってくれました。

中間部よりも上にいくことが出来きませんでしたが、これもカホの上達への道。

 

最後に、入口のタワーを1周登るクライミング・マラソン。

一度も足をつけずに登れたカホとミツキはナイス。

他の子も次は目指せ完全一周クライミング。

 

 


12/15 Cクラス

先週お休みしたCクラス選手権を開催!!!

マジックマッシュ~わびさびの12課題(難しめ) 30分のセッション。

その前に、動きのアドバイス。

「思い切る」→「足をける」→「ホールドをつかむまで、ホールドをひかない」

この大まかな流れが基本。

普段の練習から、積極的に行ってほしい。

何度も何度も挑戦し、失敗し、そこで何を感じるか。

感じることができなければ、さらにやり続けてほしい。

 

後半は、リード2本やりました。

前半の30分セッションでスタミナを使い果たしたのか、全体的に動きが重たく、普段よりも高度が下がっていました。

 

ナツキ 「エヴァピンチ12B」

1本目 中間部まで。指先を切っているせいか、普段の思い切りの良いクライミングできていませんでした。

だからと言って、今できる限りの力を発揮してほしい。

2本目 1本目の反省を踏まえ、今できるクライミングができていました。指先の調子が回復すれば完登か!?

 

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 下部のスローパーを処理するムーブが安定しなく、中間部まで。

前回やったムーブと少し違い、その差が体力を消耗しているように見えます。

2本目 前半のセッションで疲れたのか、今日は動きが振るわなかったです。

徐々に動きが良くなってきていますが、あとはスタミナ。

 

サワ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 ボルダーでスタミナを使い果たしたのか、前半よりも動きにキレがなく、中間部の遠い一手まで。

2本目 1本目の高度よりも上までいけたが、トップアウトできる登りではありませんでした。

リードはやらないと体がついてこなく、ボルダーとは違います。易しいルートから少しずつやっていこう。

 

カイト 「ポムピン 11C」

1本目 核心手前のムーブまで。足位置が前回と違い、そのムーブで越えるのは難しいでしょう。

登る前にスタートからゴールまで頭の中で登っているイメージを作ってからチャレンジしよう。

2本目 1本目と同じ。前回よりも高度が下がっていることに対して、どう感じているか。

来週またチャレンジしよう。

 

トモコ 「ポムピン5.11C」

1本目 核心のムーブまでは流れ良く、動きが自動化しています。誰よりもこのルートを登っているから、安定しています。

残すは核心のムーブのみ。自分を信じて、あの一手を思い切って出してほしい。

2本目 ボルダーでも遠い一手が出せるようになっているので、引き続き練習あるのみ。

なんとなく動くのではなく、より大きくより遠くまで動けるように考えながら練習しよう。

 

ユウ 「あとの祭り 11B」

1本目 ラスト核心の乗り込みムーブまで。一度登れている課題ですが、再チャレンジしてもらっています。

それはユウが越えなければならない壁がそのルートにあるからです。

2本目 1本目と同じ。出来ない事に直面すると、怖くなるのは誰しも同じです。

その壁から目をそらすのか、それとも向き合うのか。ユウはどちらを選択するかな?

これから先何が起こるかわからないけれど、できることはたった一つ。

今直面していることに対して向き合うこと。

 

来週で2016年のレッスンが終わります。

最後のレッスンは、リードを先にやろうと考えています。

早めに来れる子は、アップを入念にし、万全の準備でリードに臨もう!!!

 

 

 

 


1 / 1012345...10...最後 »

キッズアカデミーブログトップへ