キッズアカデミーブログ - 入間店 -

2/24 金曜ファンクラス

「基礎練習」

今日は、このテーマのもと徹底的に基礎を学び、そして実践。

最初に、トップロープセッション課題5.10Aを登り、それぞれの動きを確認しました。

コーチからみると、みんなのクライミングは腕で登ろうという意識が強い。

上半身をリラックスさせ、バランスを下半身でとるようにすれば、さらに上達スピードがあがります。

 

上手くなりたい、強くなりたい、もっと登れるようになりたい

その気持ちがあるのであれば、自分のクライミングと向き合いましょう。

今なぜ届かなかったのか、力任せで登ってしまったなど、振り返ることがあるはず。

それをそのままにしておくか、次のトライは改善しようと試みるかでは大きな差があります。

 

2本目は、5.9と易しいルートですが、

登る内容を突き詰めていきました。

重心を下げて、足でバランスをとる。

1本目とは見違える動き、見ていて違いが歴然です。

登り終えたときの表情が良かったです、何というか納得した表情でした。

 

3本目も同じく、動きを意識して、5.10Aへのチャレンジ。

コツをつかんだのか、コーチの指摘が少なくなりました。

コーチもレッスン中にどんどん上達するために必要なコツを伝えていければと思っています。


2/23 Cクラス

前半 1本課題ルートチャレンジ/後半 ボルダー

 

サワ 「エヴァピンチ 12B」

前回、スタート付近のムーブを変えてからのチャレンジで、以前よりスムーズに下部をこなせるようになりました。

少し疲れがあるのか、腕が張っているような登りに感じ、ラスト核心手前の右手サイドホールドをとるのに苦戦。

余力が残っていなく、最終ムーブ手前まで。

完登を前にすると、何か大きな壁を感じることがあります。

しかし、その壁は自分自身で作り上げた、正直不必要な壁。

その壁を越えるには、まず気持ちを落ち着かせること。最後には思い切ることが求められるけれど、まず今の自分自身がこのルートに対してどう感じているか理解しよう。

 

ユウ 「緑亭 11B」

崩れてしまった流れを取り戻すというよりも、新たに流れを作るトライ。

前のユウとは今は違い、何故出来なくなったのかと自分を責めることはしないでね。

最初は下部のムーブで距離を出すことができなかったが、少しずつ殻を打ち破るかのような思いが伝わる一手で、流れが戻ってきた。

かなり確率も上がり、ユウ自身が新たに自分の流れを作りだしました。

来週、1本思い切ってやってみよう。

 

トモコ 「UNDER GREEN 12A」

トップアウト目指してのトライ。

自主練習でトップアウトできたようで、レッスン中でも成功させたい。

トモコが苦手なマッチからの距離だし、見ているとホールドに向かう気持ちは伝わりますが、下半身が連動していない。

手が届かないのはそれが原因。

越えられたものの、安定感がなく、今後も苦戦すると思います。

完登やトップアウトする為には、自分の動きを見直そう。

もっともっと、大きく動けるはず。大きく動けるようになると、自然に自信が湧き上がってきます。

そうなれば、完登間近。

 

カイト 「UNDER GREEN 12A」

何かモンモンとした表情なカイト。ここ最近ずっとそんな感じが続いています。

登りも当然、その影響を受け、前回と変わらない登り。トップアウトこそできましたが、クライミングの内容は全く変わらない。

悩みや不安などは悪いことではなく、それをどう向き合うかが大切。

このままでは負の連鎖が続きます、どこかで一旦足を止め、ゆっくり考える時間を作ろう。

 

ナツキ 「不老川 12A」

下部から流れ良く、呼吸が動きとマッチしている。

ここ最近のナツキの成長がみえ、持ち前の粘りとガッツで見事完登。

ナイス クライミングでした。

THE NORTH FACE CUPでも今できる力を最大限発揮できるように調整していこう。

コーチはナツキが何か起こしてくれると期待しています。

 

アカネ 「エヴァピンチ 12B」

完登目指してのトライ。

前回、中間部でクリップに苦戦したところで、今回も大苦戦。

クリップできたものの、そこで力を使い果たし、そこまで。

レストしてから、トップアウト。

ムーブ力はクリアしていますが、ルート感とスタミナがついていってない。

なかなか時間を作るのは難しいですが、限られた時間でどんなクライミングをするか。

たとえば、レッスン日にやれることをやる。それだけでも変わってくるはず。

 

 

後半は久しぶりのボルダーレッスン。

ここずっとリードに重きを置いていましたが、

これからボルダーもやっていかなければと、みんなの動きを見ていると感じてきました。

「出来ない動きをどう対応するか」

この視点を持ち、自分の身体を最大限活かすことが出来るようになってほしい。

大きく動けるようになると、多くの発見があります。

届くか届かないか分からない不安もあれば、未知なるチャレンジへの好奇心と様々。

16683838_1291832807563868_5050647492868923564_n

レッスンでは、重心移動をメインに練習しました。

手中心の意識を身体全身へ、動き始めは下半身から。

これから徹底的に動けるようにレッスンしていくので、ついてきてね。

 

 

 

 

 


2/17 金曜ファンクラス

みんな元気だったかな?

久しぶりのレッスンで、何かすごく新鮮です。

さて今日は「しぶみ壁」でボルダーレッスン。

 

この壁は、まず横移動するだけでも難しく、

最初にみんなで、端から端までの大トラバース(横移動)から。

以前、成功者は2人。

今回は何と4人が成功、惜しくも成功できなかった子ももう少しでゴールまで到達しそう。

練習を重ねないと出来るようになりません。

出来た時の喜びはモチベーションになり、また頑張るぞと思えるはず。

レッスン以外で登るときは、積極的に傾斜の強い壁にチャレンジしてほしい。

 

さてその勢いで、次はスピードクライミング。

制限時間内にゴールまでいけるか。

限られた時間は10秒。

10秒なんて、楽勝だと思っていたみんな、

いざ始まると10秒があっという間に過ぎ去ってしまう。

なかなかゴールまで到達できないが、練習を重ね、コツをつかみ始めると制限時間内での完登者が続出。

早く登るには、ホールドの配置や足位置を事前に考える必要があります。

いまだに、中々ホールドを覚えるのに苦戦しているので、そろそろコーチの補助なしでトライしてほしい。

 

最後は、因縁のしぶみ壁じゃいけんクライミング。

メインであるじゃいけんよりも登ることに必死で、いつも決着がなかなかつかない。

案の定、今回も長戦へ。

最後、カホが敵陣を攻めて決着がつきました。

 

 

 


2/16 木曜ファンクラス

この日はTR!

まずは「チョン5.9」で足音を立てないように。

みんなとても意識出来ていて、きれいに、丁寧に登れました!

 

次の一本は自分で挑戦したいルートをさがしてもらいましたが、

なんとこの日は、全員10B以上の課題を選びました!

まずはオブザベーション(下見)!!

2017.2.16

 

手順や動きの予測をしっかりと考えて覚えます。

同じ課題を選んだ子とは相談して、アイディアをだしあっても構いません。

もし、登って現場へ行き、予測と違う場合はその場で考えなければいけません。

 

ヒロタカ10C・イクミが10Bを完登!

おめでとう!

そして最後は落ち練!

TRで正しい落ち方を出来るようになれば、こわい一手も出せるようになるので

着地まできれいにできるように練習しました。

 

今日完登出来なかった子は、また次回頑張ろう。

2017.2.16.2

前回撮ったパノラマ写真♪

 


2/16 Cクラス

今日は久しぶりのCクラスレッスンで、みんなのクライミングを見るのが何だか新鮮。

THE NORTH FACE CUP 2017の大会セットで離れていたけど、

Cクラスレッスンが気になってました。

さて今日はどうたっだのか。

 

ナツキ 「1本目 モンスト12A/2本目 ファイアーモンスター12B」

1本目 ルーフのモンスト12Aを見事完登。コーチは完登以上に、ナツキの下部からの落ち着きに驚きました。

呼吸と動きが連動し、身体よりも精神的な部分の安定感を感じました。

これは2本目もいけるかもしれない。

2本目 予想的中、ナイスclimbingで完登。

今までで一番身体と気持ちが一つになった登りで、ナツキの成長を感じました。

3月のTNFC2017本戦大会で番狂わせを起こそう!!!

16712013_1282002811880201_6224721905716862546_n

トモコ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 コーチと登った時に攻略できなかったスローパーからのガバ取りを一発でクリア。

その後、細かいホールドをマッチしてからのムーブでフォール。丁寧にマッチしないと、動き出しがかみ合わない。

トップアウト目指してのトライで、ラストのホールドまで初めて到達。

2本目 細かいホールドの第一核心ムーブが安定しない、ポイントは持ち替え。

その後、疲れてしまったのか、中間部まで。

自主練習するときには、11台前半でよいので、動きを意識して持久力トレーニングしよう。

 

カイト 「UNDER GREEN 12A」

1本目 下部のスローパーからの一手は以前よりもスムーズに抜けられ、その後にある飛ばしのムーブに少し苦戦。

トップアウトこそ出来なかったが最終ホールドまで到達しており、次からは完登を狙おう。

2本目 1本目同様、飛ばしムーブでつまづき、中間部まで。

腕で動く意識が強く、足で下半身を動かす必要がある。登りが浮いているように見えるのは、下半身が安定してないから。ルートやボルダーの練習時に、足のかき込みや重心移動を体に叩き込ませよう。

 

アカネ 「エヴァピンチ 12B」

1本目 中間部のアンダーでのクリップが上手くできず、その後のダイナミックなムーブまで。動けていたので、その後クリップの練習をし、トップアウトに成功。ラストの核心も抜けられたので良かったです。

2本目 1本目で苦戦したクリップを一発で決め、ラストの核心まで到達。惜しくも完登できませんでしたが、来週狙えるね。

2本目はいつも高度が下がることが多いですが、今回はむしろ2本目の方がより動けていました。

持久力が少し上がってきたのかな。

また気持ちの変化も、UNDER GREENで気持ちが強くなったように今日感じました、エヴァピンチ完登のイメージを作ろう。

 

サワ 「エヴァピンチ 12B」

1本目 下部から動きに力みがあり、中間部の第一核心ムーブまで。その後レストを挟み、トップアウトに成功。

ラストのゴール一手は、両足ともボテに乗せて解決。ゴール取りでランナウトするので、自主練習の時に終了点クリップをして、練習するといいね。以前出来なかったことが出来るようになり、サワにとって自信になるね。

2本目 ラストのムーブまで、テンションなしに到達。もう完登は目の前にある。

このルートはRock Fes2016ルートで、以前は歯が立たなかったけれども、今のサワは以前のサワではない。

今この瞬間できることをやることが未来につながる。過去、未来よりも今を大切に。

 

ユウ 「緑亭 11B」

1本目 もう完登が狙えるクライミングだったはずのユウが何かおかしい。下部の苦戦していたムーブを攻略したはずが確率が下がっている。その後、ルーフ抜けも苦戦。一度築き上げた動きと自信がなくなっているように感じました。

2本目 下部のムーブまで。

やってきたことが時には崩れてしまう、そんな時。

以前の自分と今の出来ない自分を比較しないでほしい。

築き上げて崩れてしまっても、またやり直そう。今のユウで下部の動きからムーブを安定させ、気持ちを新たに緑亭と向き合おう。

コーチもできるサポートをしていくので、何かためているものがあれば話してね。

 

 

来週のレッスンは、前半1本ルートをやろう。

その後は久しぶりのボルダーレッスン。

完登/トップアウト目指し、1本集中してトライしてみよう。

 

 


2/9 木曜ファンクラス

インフルエンザのためお休みを頂いていました💦

先週のレッスンはピンチヒッター竜馬コーチ!

TRで落ちる練習をしたそうです!(^^)!正しく落ちることができると、思い切った一手が出せるようになるので

また練習しよう!

 

さて、今日はコウシ君、こなちゃん、あおい君がお休みなので5人のレッスン。

ソウゴ&イクミ・ヒロタカ&シュウヘイ&ハレルこの二チームに分かれ、この仲間を

「本日の運命共同体」と題し、困ったときは助け合い、登れた時は喜び合い、いい所を探しあいました。

 

それぞれに課題を出し、お互いアイディアを出し合ってオブザベーション。

運命登れた人は他の子にコツやホールド感を教えたりしていました。

「あの子が登れたのはなんでだろう?」「あの子にはこの動きの方がいいかな?」

 

人の登りを見て考えることや、人に教えることで、自分自身の登りに対する感覚も鋭くなってきます。

運命共同体、今度は相手を変えてやってみよう!

最後はひさびさのイライラ棒!!

登のは7級だけど、イライラ棒に振れないように登れるか!?

WINNERは3回しか触れなかったソウゴ!!おめでとう!

イライラそうご


1/26 Cクラス

先週の約束を守り、今日は18時に登れる準備が出来ており、気持ちがいいレッスンのスタートを迎えることができました。

何らかの理由がない限り、時間を守り、レッスンの準備をしよう。

今日は良かったです!

 

さて、今日は1本1本集中したトライが出来ていました。

それぞれ完登に向け、近づいてきています。

 

ナツキ 「Black garnet 12A」

見事、完登することに成功。

このルートは足置きスキルが求められ、ナツキには必要不可欠な技術。

今回は足を切ることなく、上部までいけたのが進歩。

まだまだ足置きや重心移動は向上できるので、日ごろからしっかり体を感じて行こう。

 

サワ  「不老川 12A」「エヴァピンチ  12B」

不老川12Aを完登することが出来ました。

持久力トレーニングを続けている結果が登りを安定させ、さらには自信を生み出しています。

登りに気持ちが入っており、力強く動けています。

これは、エヴァピンチ12Bのムーブが出来るのかもしれないと思え、チャレンジ。

すると出来なかったムーブを攻略し、残すはラストの核心のみ。

チャレンジし続けようね。

 

ユウ 「緑亭 11B」

1本目、ゴール一手のところまで到達。少しずつではあるが、ユウにとっては大きな前進。

コーチにはユウがもっと大きく動けるように感じます、下半身を上半身以上に意識していく必要があります。

ラストのゴール取りも腕ではなく、足から動く意識。

2本目は初トップアウトに成功。自信もって良いよ。

出来なかったことが出来る楽しさを感じ、それをクライミングにつなげていこう。

 

カイト 「UNDER GREEN 12A」

初チャレンジのUNDER GREEN。

まずは下部のスローパーからのムーブに苦戦。乗り込みが上手くできていなく、動きができないというよりも気持ちが負けているように見えます。

何度か練習し、越えられましたが、また中間部のムーブに苦戦。

2本目は下部のムーブまで。

大きく動けるのに、動けないのはなぜだろう。

自分に問いかけて下さい。

 

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

完登までもう少し、今までで一番動けていましたが、完登することが出来ませんでした。

凄く悔しいと思うけど、その悔しさを受け止めてほしい。

アカネはできると思います。

今一生懸命取り組むことで、結果として完登に近づき、実現します。

大切なのは完登ではなく、いまこの瞬間。

 

 

 


1/20 金曜ファンクラス

今日は、「強傾斜(ハング)」の壁をみっちり登るレッスン。

普段あまり登らない壁だけに、みんなの表情は曇り気味、、、

裏を返せば、普段登らないからこそ、レッスンで出来る限り力尽きるまで登ろう!

そう思ってほしい。

 

まずは、傾斜の壁をトラバース(横移動)から。

事前にオブザベの練習でどうやって登るか戦略を立ててもらいました。

16265615_1259953630751786_9031495488976770304_n

手足自由でチャレンジしましたが、成功者ゼロ。

つかみやすいホールドや、乗せやすい足を瞬時に判断する力が必要。もたもたしていると、スタミナがなくなってしまいます。自主練習の時もチャレンジして構わないので、次回レッスンで成功目指そう。

 

その後もこの同じ壁や少し傾斜が緩くなる壁でコーチオリジナル足自由の課題を登りました。

こういった壁での大切なことは、力任せではなく、足のかきこみ+足で腰を支えなけれないけません。

そのコツを習得すれば、さらにクライミングが楽しくなるはず。

クライミングは全身を上手く使えた人が上手に登ることできるので、みんなもできるだけ足元への意識を高めていこう。

 


1/19 Cクラス

先週、18時に登れる準備が整った状態で集合と約束したのに、

18時になって準備を始めるみんな、、

時間は限られており、その時間を有効に使うか無駄に使うかは自分次第。

開始10分遅れたことを、みんな反省してほしい。

次回は同じことがないようにしよう。

説教からレッスンがスタート。

 

今日は、1本1本集中したルートトライ。

完登者は出るか!?

 

ナツキ 「Black garnet 12A」

1本目 足を切ってはいけないムーブが安定しない。下半身を安定させるには、足でのかき込みが重要。そのかき込みが安定していないから、身体がフラフラしているように見えます。易しいルートで下半身を安定させる練習をしよう。

2本目 1本目の反省を活かし、足を残し、そのムーブを一発で攻略。前回よりも高度を上げることに成功。残すは5手。

 

アカネ 「UNDER GREEN 12A」

1本目 ラスト3手目のところまで。下からつなげると、どうしてもその一手が定まらない。足で下半身を移動させることができていない。そのムーブは腕で行こうとしても攻略できない。

2本目 1本目よりも流れ良く、動きが安定して核心に突入。これはいけるか!?と思った瞬間、足が滑ってしまった。

流れ良かっただけに、本人も悔しいでしょう。自主練習の時に、足から動く意識を身につけよう。

 

カイト 「ポムピン 11C」

1本目 自主練習で登れたようですが、レッスンの日に何とかこのルートを登ってほしい。ある意味、愛のムチ的なトライ。

前回と同じところでまで。しかし動きは良い!!!

2本目 見事、因縁課題とケリをつけることに成功。あきらめずにトライし続けた。おめでとう!!!カイトはもう少し自信をもって、自分を信じよう。そうすれば、今よりもさらに動きが良くなるはず。

 

サワ 「不老川 12A」

1本目 自主練習で「UNDER GREEN 12A」を登れ、新たなルートへのチャレンジ。

このルートもサワにとって大きなハードルかと思いましたが、何と4テンでトップアウト。驚き。

2本目 1テンで登れるようになり、完登が見えてきました。ルートの登り込みで、本人の中で「できる」という自信が出てきたように見えます。ダイナミックな動きはそういった自信が大切。

 

トモコ 「ポムピン 11C」

1本目 中間部のトモコ最大の核心が越えられない。そのムーブ練習をしても、半々の確率。

何度かアドバイスをして、確率が上がってきた。さて次のチャレンジだ。

2本目 1本目同様。でも少し行けたかなと思える動きではありました。トモコの悔しさはコーチにも伝わります。

大きく動けるようになってきているが、そこを越えられないのは原因がある。今一度、自分と向き合い、背負ってきた感情や感覚を失くそう。そしてシンプルな状態で、改めて登ろう。

 

ユウ 「緑亭 11B」

1本目 第一の核心を一発で越えることに成功し、ルーフを抜けるところまで。第二の核心は、横の動きで体全身で特に下半身を動かすこと。何度か練習し、クリア。

2本目 惜しくもトップアウトできませんでしたが、最後のゴールド取りまできました。コーチからすると、大きな成長を感じます。特に精神的な強さ。まだまだなところは、今後のユウがどう取り組むか次第。大丈夫、自信もって!!!

 

 

 


1/22 木曜・金曜合同レッスン

今日は半年に一度の合同レッスン!!!!
初めて合同レッスンに参加する子も何人かいました。

今日のレッスン前半は、ボルダリングセッション!!
25分間で9課題にチャレンジ。
どの課題から登るのか、どう登るのか、、、
制限時間があるので、一課題につき何回もチャレンジできません。
1トライごとに集中し、少ない回数で登れれば疲れも少なくなります。
合同

苦戦する課題がいくつかありましたが、みんな果敢にトライしていました!!

後半はトップロープ。
この日限りのテープ課題。
いつもと違い、オブザベーション(下見)をし、MAPに登り方を自分の予測で書き込んでもらいました。
合同オブザベ

右手かな、左手かな?足はここに置こうかな、どうやって持とう、、
みんな自分なりにたくさん考え書き込んでいました。

この予測の作業はとても大事で、何も考えずに登り始めてしまうと登りながらホールドを探すことになり、
体力の消耗が激しくなります。

赤テープの課題は少し難しく、登れたのは半数でした。
みんな出し切った様子で、とても楽しんでくれました♪

最後はみんなで集合写真!
合同集合

普段会わない子の登りも見て、いい刺激をもらえたかな??
ここからまた、モチベーションを上げていこう!!!


1 / 1112345...10...最後 »

キッズアカデミーブログトップへ