キッズアカデミーブログ - 入間店 -

9/21金曜Cクラス

今日のレッスンはボルダーと長もの。

まずはボルダー、スラブからウォーミングアップも兼ねて登ってもらいました。

今日の課題の内容は最初から、かなり難しめの課題をトライすること。

スラブはグレードが上がってくるほどオブザベが難しくなります。
手順や足順を考えるだけでは読み解けない課題も出てくるので、登る前は必ずオブザベをするようにしよう。

最近のレッスンではみんな少しずつですが、オブザベができるようになってきているので今の調子で絶対に忘れないように!

スラブの課題もムーブが分かりづらいのもあったが皆、自分にあったムーブを選択して完登できていました。みんな自分の登りのスタイルが分かってきたかな?

難しい課題が多かったが苦労しながらも付いてきてくれました!

42280400_2143751995839984_6644091910426198016_n

 

スラブのあとは強傾斜をみっちり登り込みました。

金曜Cクラスの最初のころと比べると、最近は登れなかった課題があるとどうしても登りたいという気持ちが強くなっている気がします。それはとても良いことなので今の気持ちを忘れないように!

最後は長もの!

テープ課題は触らずに、コーチがライトで指したホールドを掴んでいくトレーニングをしました。

この練習を始めた頃は自分の持久力を出し切れずに落ちている子もいました。

ただ、今回はみんな最後の最後まで粘って落ちていたのでとてもいい練習になったと思います!

42196400_2143751989173318_7493692263264944128_n

次回は今のメンバーで最後のレッスンです!

 

 

 

 

 

 

 

 


9/13 木曜Cクラス

「緊張について」

緊張した時、みんなはどうする?

緊張した自分を緊張していないと、言い聞かせたり。

お気に入りの音楽を聴いて、リラックスさせようとしたり。

人と話をしたり。

 

緊張すると、落ち着きがなくなり、頭の中ではあれこれ考え事が始まり、それが身体にも影響し震えたりします。

そんな自分をダメだ、良くないと判断し、気を紛らわすために何かしようとすることがあると思います。

しかし、

そのような行動をしても、緊張はずっと自分の内側にいます。音楽を聴いてリラックスしたとしても、それは表面的な落ち着きであ

って、その音楽から離れると、すぐさま緊張はやってきます。

何かしようとする一方で、別の反発も働いています。

このケースでいえば、緊張を落ち着かせようとする一方で、緊張がより増してきます。

 

緊張は純粋な内面的な表れです。そんな自分を否定したり、良い悪いと判断しても、どうしようもないです。

純粋に湧き上がってきた内面の変化に対しては、背を向けたり、抵抗しようともせず、ただただ受け入れてほしい。

あっ、今自分は緊張しているなと気づいてあげてください。気づいて、そこで自分の呼吸に意識をもっていくと、おそらく呼吸が浅くなっていることでしょう。

そこでも呼吸が浅くなっているなと気づき、その呼吸を見守る。そして少しずつ呼吸を意識的に行う。

すると、緊張にも変化が生まれます。

何事にも対して、戦う姿勢ではなく、向き合うことが大切。

 

 

ショウゴ 「愛情一本 11A」/「わっしょいアーノルド夢太郎 11A」

1本目 前回までは、ルーフ入口のところまででしたが、今日は下部から迷いがなく、見事完登!!!ナイスクライミングでした。先週のショウゴと今日のショウゴは別人かのように大きく動けていました。

41894076_1883646885049121_723198043683291136_n

2本目 見事、オンサイト!!!初めてじゃないのかな、11Aを一撃で登ることが出来たこと。素晴らしいクライミングが立て続けにおきました。その瞬間瞬間、自分の力を出し切る。何か変わるきっかけになるといいね。おめでとう!

41871710_1883646875049122_6668963005180411904_n

 

サワ 「シリシウム 12B」

1本目 上部の核心まで到達するも、惜しくも距離が届かず。その後はゴールまで到達。中間部のムーブの処理、また動き出しの確認をしました。少し力みが見え、そこが解れるとより動けるかな。

2本目 見事、完登!!!ナイスクライミングでした。1本目のポイントを上手く、2本目に活かせることができ、内容ある登りでした。完登すれば、満足できますが、それ以上に瞬間瞬間で自分の力を出せたことに満足してほしい。

41990978_1883646888382454_9107049023805587456_n

 

ユウ 「マトリックス 11D」

1本目 初チャレンジルート。下部からチャレンジングな動きで、中間部のダイナミックなムーブも一発でクリア。強傾斜から抜けたところの一連核心まで。初めてのルートでしたが、思い切り動けていました。

2本目 惜しくもゴール取りでフォール。1本目ともに納得いく登りができたね。その瞬間出来る事をやれると、心から満足できるよね。来週もチャレンジしていこうね。

 

イクミ 「最高ルーフ 10D」

1本目 ルーフでの安定感が出てきました。また少しずつ落ち着きも生まれ、徐々にルートに馴染んてきました。ルーフの抜けた後のムーブまで。その後、トップアウト。イクミなりの良い登りができていました。 

2本目 疲れからか、ルーフを抜けるところまで。出来る出来ない、そこに目が向きがちですが、そのトライでやることをやるだけ。また来週ね!


9/14金曜Cクラス

今日の金曜Cクラスは久しぶりにボルダーのみのレッスン。

緩傾斜にNEW課題が追加されたが、レッスンではその課題は一本も触らずにコーチがその場で作った課題をオブザベーションしてトライしてもらいました。

課題を出されてすぐにムーブを読み解けるか。上手なクライマーは技術も凄いが、こういった能力も素晴らしいです。

登ることだけがクライミングではありません。課題と出会い完登してその課題を振り返る、そこまでの過程を大切にしましょう。

41731250_2140387792843071_1367124799402278912_n

 

まずはスラブからスタート!

スラブは保持力はあまり関係なく、バランス力やスタンスをどれだけ信じれるかが大事です。ただ、みんな登り慣れていて重心移動やムーブの読みは◎

難しい課題でも、登りやすい課題を登っているときの自分をしっかりイメージすること。あとは呼吸。すると体の力も抜けていい登りができます。この調子でNEW課題もどんどん完登しましょう!

 

41682249_2140387786176405_7009480454927548416_n

 

後半は強傾斜!

いつもよりグレード高めの課題をやってもらいました。完登できる人はいないかなって思いながら作った課題も誰かしら完登してくる。最近のみんなの成長スピードはほんとに凄いです。そして、この課題を完登したい!という強い気持ちも伝わってきます。その気持ちがみんなを強くしてくれているのかな。普段登る時も今日と同じくらいのグレードを常にトライしていいと思います。

緩傾斜も強傾斜ももっと難しい課題をトライしていきましょう!

 

リョウタ

スラブの能力は金Cクラスの中でもトップクラス。スラブに比べると強傾斜はきつそうに登っているけど、まだまだこれからもっと登れるようになるから今は我慢の時。他の子は登れるけど自分は登れない時もあるかもしれない。だけど、「楽しい」という気持ちからクライミングをやっていることを忘れないように。強傾斜も登った数だけ強くなるのでリョウタらしいスタイルでたくさん登ろう!

ハツネ

ハツネは強傾斜がとてもいい登りでした!いつもよりグレードは難しかったが、それでもほとんどの課題を完登できていたので自分の力に自信を持ってどんどん難しい課題に挑戦していきましょう。リードのように更に上のグレードにチャレンジしてその課題からいろんな技術をもらいましょう。

カホ

今日のカホも後半はカホらしい思いきった登りができていました。ただ、カホはオンサイト力が低いので新しい課題を登る時は、そこを意識して登るとこれからもっと伸びていくと思います。もちろん打ち込んで打ち込んで完登できるのも凄い事なので今のスタイルも忘れないようにね!

アオイ

アオイは身長をいかした登りでスラブはスイスイ登れていました。強傾斜になるとニーバーやヒールなどの技の使い方があまり分かっていなかったので、そのあたりも練習する必要があるね。アオイの場合は強傾斜に体が慣れればもっといい登りができるのでもう少し頑張ろう。

ソウゴ

ソウゴはレッスン以外の日に登っているときの方がかなりいい登りをしています。その日によって気分も違うと思うけど、やることは「楽しく登る」だけです。あとは一回落ちただけで無理と思い込むのはよくないです。次のトライにも影響が出てしまうので、落ちても無理と思わず調子が良いときの自分を思い出してみよう。

コウシ

コウシは緩傾斜から強傾斜までずっといい登りでした。普段からもう一つレベルアップした課題を登ってもいいのかなと思います。

例えば何回も何回もトライし続けてやっと登れるくらいの難しさです。今では強傾斜だと数回トライすれば登れると思うので、これからは打ち込んで登るクライミングも経験してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


9/6 木曜Cクラス

夏休みも終わり、もうすぐ上半期レッスンが終わります。

さて、上半期レッスンは、どうだったかな?

各々、様々な思いがあったと思います。初めてコンペに出た、表彰台に上がれた、最高グレードが更新した、思い返すとたくさんの思い出。

そして何よりも一番大切なことは楽しむこと。

 

レッスンでは、より純粋に楽しめるようになるために、自分の内側へと意識を向けることをやっています。

登っている最中や、そうでないときも、常に頭の中では考え事が絶え間なく起こります。

比較であったり、良い悪いの判断であったり。

それらの意識が強くなればなるほど、純粋な部分である内側は落ち着きをなくしてしまいます。

自分では気づいてないだけで、奥深くの内側はリラックスしています。

それを気づくには意識を内へと向けなければいけません。

無意識で取り組んでも、それはただ何かを忘れているだけ。しっかりとその時その時に起こる事を向き合う。

 

レッスン初めは3分間、目を閉じて、そのときの自分の呼吸を見守ります。どんな考え事が起きようが否定せず、暖かく見守る、意識が考え事に引き寄せられそうになっても、呼吸を見守り続ける。

意識が内へと向かえば向かうほど、考え事は落ち着いてきます。緊張や不安が落ち着き、さらには身体もリラックスし、自分の想像以上に動けます。

何も理解しようとしなくても、大丈夫。ただその瞬間、あるがままを感じること。

 

さて今日は、ナガモノを別の10Dへ変更し、いつも通り3セット。

その後、ルート2本。

 

カイラ 「マトリックス 11D」

1本目 足が何度もホールドから離れてしまい、中間部まで。その後、ルーフを抜ける所まで到達。

2本目 下半身への意識を持ち、バランスが良くなりました。高度も上がり、残すは核心のラスト。

 

ショウゴ 「愛情一本 11A」

1本目 順調に高度を上げ、ルーフ入り口まで。粘りのある登りでした。

2本目 1本目と同じ高度でしたが、安定感のある登り。ルーフの入り口からは、思い切りが問われ、どう大ううしていくかがポイント。

 

サワ 「フェスーマン 12B」

1本目 レッスンでは初めてトップアウト。ラストは何度か練習し、ポイントをおさえました。

2本目 見事完登!!!素晴らしい登りでした。あきらめずに粘り強く登れていました。

41210563_1873601146053695_1296622146734260224_n

 

ユウ「お祭り―マン 12A」

1本目 核心のルーツ中間部アンダー取りまで。下半身でバランスをとるポイントを再確認。その後、トップアウト。

2本目 見事完登!!!ナイスクライミングでした。核心で落ちそうにはなりましたが、気持ちが前へ向かっており、落ちずにゴールまで到達。

41181728_1873601152720361_3660155165257760768_n

 

イクミ「グリーン 10D」

1本目 ルーフで足が切れてしまい、リズムが乱れてしまい、そこまで。その後は、ルーフ抜けたところまで。リズムが崩れても、それに引き付けられないよう、変わらず呼吸や意識を内側へ向けるよう。

2本目 ルーフをリズム良く抜け、上部のトラバースまで。完登までもう少しだった。来週に期待。

 

ヒロタカ「生ハムオレンジ 11A」

1本目 下部から中間部まで安定しているものの、重心が高く、足でバランスをとる意識を再確認しよう。上部のムーブはまさにそのポイントが大切。

2本目 持久力が尽きてしまい、中間部まで。もう少しヒールフックなど足技が使えるようになれば、力を温存することができます。あともう少しのところまできているので、その瞬間できることをやろう。

 

 

 

 

 


9/6 木曜ファンクラス

更新が滞ってしまいました💦

 

先週のTR。

みんなで、BaseCampRock Festivalのキッズトップロープカテゴリーの課題にチャレンジしました。

グレードは10D。

ほとんどの子が触ったこともないグレードです。

 

まずはオブザベーションで、ノートに分かる限りの情報を書き込みました。

休めそうなところ・難しそうなところ・不安なところ・・・

ルートを眺めるだけで、みんないろいろ感じていました。

 

その後一人づつトライ。

ハレル。TRリードで完登。安定した登り・落ち着いたクリップでした。

 

アヤ。リズム良くいいスタート。呼吸も意識できていました。オーバーハングに入り勢いがなくなり、次の一手を繰り返し取りに行くもホールドを捉えられずフォール。

 

いずみ。いいペースでオーバーハングへ突入。ハリボテの処理は、勇気を出して思い切りできました!ハリボテの上に立ち上がることが出来なかったけれど、コンペの時よりも行って進みました!ナイス!

 

さき。最初から不安そうな顔をしていました。右の壁へ移ったとたん、体がカチカチになり動けず。怖い気持ちが心の中を占めてしまい、テンション。

 

しお。レスト出来る所はしっかりと確認しトライ。下部は快調でしたが、ハリボテの足、オーバーハングに苦戦しフォール。

 

みゆ。レッスンの途中から参加だったので、アップもなくトライになってしまいました。右壁へ移ろうと足を開いたとたん全く動かなくなりました。落ちるのが怖く固まり、落ちる練習に切り替えましたが、練習も出来ず。本人も落ち込んでしまいました。

 

あさひ。アサヒらしい豪快な登り!コンペの時よりも進み、しっかりと手を出してフォール。声を出して、とてもいいトライでした。これからきっと、もっと精度が高くなってきて、距離感もつかめてくるでしょう。

 

もゆ。登っている途中で、「ありえない」という言葉が聞こえてきました(笑)たしかに今までトライしたことのないグレードでした。

ですが、前半の処理はとても良かったね!次回は5.9を確実に登ってみよう。

 

 

今回、キッズカテゴリーの課題をトライしましたが、当たり前に難しかったです。

多くの子が「怖い」という感情を持っていました。

では、その「怖さ」がどこから来るのか?

落ちるのが怖い?

高いのが怖い?

ぶつかりそうで怖い?

心に聞いてみて、その原因を見つけられれば、解決策が見つかります。

怖いのは、あたりまえ。

悪いことではないので、しっかりと向き合っていこう。

 

まずは落下・高さにたいする恐怖をなくせるよう、次回は落ちる練習をしよう!

最後は気分転換!じゃんけん大会!

41673057_1372941949503942_2277211640527060992_n

ゲストが沢山いました(笑) 41621986_1372944029503734_1375333173394669568_n

 

 


9月7日 金曜Cクラス

今日はほぼ一カ月ぶりのレッスン。

ロックフェスも終わり、みんな思うことはあると思います。

完登できなかった子や、惜しいところまで行ったが決勝に進めなかった子。

ただ今回何かしら得たものがあるはずです。それは忘れてはいけません。

普段登るときから忘れないように、そして楽しくクライミングと向き合っていきましょう!

今日のリードは一人二本ずつ好きなルートにチャレンジ。

一本目はアップルートで二本目に本気トライをするルートを選んでもらいました。

 

ソウゴ「ウェルカムアーチ 5.10D 最高ルーフ 緑」

一本目でフォールしてしまったこのルートをリベンジ。一本目のトライではリードじたいに乗り気ではなく、心の準備もできていない状態でのトライに見えました。そのトライに比べると2トライ目はこのルートとしっかり向き合えていたと思います。ルーフを抜けた上部も動きは悪くなかったです。ホールドは持ちやすいルートなのでソウゴだと一回で登れてもおかしくないルートですが、ソウゴの場合まずはリードを好きになることが一番大事なのかなと思います。嫌いだけどやるのと、好きだからやるのとでは上達スピードが全然違います。ソウゴはそこで引っかかって自分の能力を完全に引き出せていない気がします。

アオイ「ウェルカムアーチ 5.10D 最高ルーフ 緑」

アオイも一本目に登れなかったルートのリベンジ。リードの登りにも慣れてきてクリップもスムーズになっているのが見て分かります。リードの動作に慣れてきているのはとてもいい事なのでこれからもその調子で!ただ、登りのほうは前半のルーフで力を吸われて後半の垂壁部分で持久が尽きてしまっているので、ボルダーもリードもまだまだ登り込みが必要です。頑張っていこう!

コウシ「ペンタゴン右 5.12C 毘沙門水 オレンジ」

上部の少し傾斜があるところで一回テンションを入れて完登。コウシのリードの本気トライで毎回気になってしまうのが足を切ることが多いところ。下部も少し丁寧に足を置いていくだけで疲れは少なくなります。足が雑になってしまうと手に力が入ってしまうのはもちろんですが、呼吸も乱れてしまいます。そして登りに意識をすべてあずけると焦った時などに自分の本来の力が出なくなるので、自分の呼吸をしっかり聞きながら登ってみよう。そうするだけでもっと登りが楽になります。

カホ「メイン壁 5.11D 洋灰ネズミ グレー」

前半から安定した動きだったが中間部でフォール。足の位置やクリップのタイミングなどが少しずれていた気がします。

カホは最近、現場対応能力がついてきているので余裕があればその場で切り替えできるのですが、パンプして余裕がなくなってくれば無理やり突っ込んでしまうこともあります。ただ疲れてきた時だからこそ呼吸を意識しましょう。自分の吸って吐く動作を意識し、呼吸を聞きます。すると焦りも無くなりカホらしい登りもできるようになります。ボルダーでもリードでもそこを意識して登ってみよう。

リョウタ「メイン壁 5.11B ファーストメロディー ピンク」

今日のリョウタはいつもより入念にオブザベもできていて動きも良かったです。ラストのパートでクリップが出来ず怖くて距離が出てなかったけど、いつでも完登できそうな良い登りでした!あとは下部の足使いを丁寧に登れば安定した登りが出来ると思います。目標をこのルートに絞って頑張ってみよう!!

ハツネ「メイン壁 5.12B シリシウム 紫」

ハツネは初チャレンジのルート。上部のアンダーからデットで取りに行く部分で落ちたが、そのパート以外は安定して登れていたので完登は間近かな?5.12Cも登れて最近調子が良さそうなのでその勢いでこのルートも完登しよう!いつも言ってるけど唇噛みしめて登るのではなく最後まで呼吸は止めずに!

 

今のメンバーでのレッスンは残り三回になりました。

最後まで元気よく楽しくレッスンしていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8/5 ファンクラス合同レッスン

この日は半年に一度の、ファンクラス合同レッスン!

火曜日が新設してから初の合同レッスンなので、一気に大人数になりました!

夏休み中ということもあり、欠席した子も何名かいましたが、総勢17人!!

 

今回はいつものボルダーではなく、この日のために作ったテープ課題を

トップロープでコンペ形式で行いました。

 

一人二本のルートを、1トライでどこまで登れるか。

まず、オブザベーションタイムを2分ずつ設け、下からわかる限り、頭の中でシュミレーションをします。

その後、一人3分の制限時間の中でトライ!!

キッズ合同ルート

 

テープ課題に慣れていなくて、覚えるのが大変だったけれど、みんな頑張ってトライしました。

この半年弱で、みんなメキメキ上達!!

良いトライをたくさん見せてくれました!

リザルトはこちら↓

合同レッスンリザルト

そしてレッスンの後は、夏の風物詩「スイカ割り」!!!

すいかアヤカ すいかサキ すいか岳 すいか岳 すいか割り 割れた もぐもぐ

甘くて美味しかったね~!!

合同集合

最後はみんなで集合写真!!

来週・再来週はレッスンがお休みです!

月末に会うときは、みんな真っ黒かな?みんなに会えるのを楽しみにしています(>_<)

でも、夏休み中も登りに来てね☆


8/3 金曜Cクラス

この日はロックフェスティバル2018に向けてリードを集中的に。

集中的と言ってもずっとリードをやったわけではなく、昨日のLaSportivaCupのルートを二本ずつ一トライ限定で登ってもらいました。まずはいつも通りオブザベーションタイム5分から。一トライしかトライできないという縛りがあったので、今日はみんな話し合ってしっかりオブザベーションの時間を使えていました。

38258910_2107420642806453_900934111198183424_n

38260564_2107459369469247_1938202664898658304_n

 

「リョウタ  一本目:ミドル① 二本目:ビギナー②」

一本目はスタートして5手目あたりでホールドを間違えその後落ちつけずにフォール。「しっかりオブザベ」この一言です。もちろんムーブを間違えると焦ってしまうこともあるけど、今回は使ってはいけないホールドを使ってしまう間違いなので登りよりも登る前に原因があると思います。何故ホールドを間違えたのか、何故そのあとすぐ落ちたのか、しっかり考えましょう。そこを丁寧にするだけで二本目にトライしたルートももっといい登りが出来ていたと思います。

 

「ソウゴ 一本目:ミドル① 二本目:ビギナー②」

一本目は下部はいい登りだったがルーフの抜け口で膝が痛くなりテンション。二本目はムーブもしっかり整っていて見事完登!いつもよりかなりいい登りだったと思います。今日の登りで、登っている間に何を考えていたか、そして登る前は? いい時の登り、悪い時の登りを振り返ってみよう!

 

「ハツネ 一本目:ミドル② 二本目:ミドル①」

一本目登っているときに口を閉じて踏ん張っていることが多かった気がします。無意識にそうなっていると、そのあとの呼吸が乱れやすくなります。登ることに一生懸命になるよりも呼吸をよく聞いてみよう。登りもかなり楽になると思います。二本目も同じような登り方だったのでたぶん癖になっていると思います。普段から意識しよう!

 

「コウシ 一本目:ミドル② 二本目:ミドル①」

一本目はスポルティバカップの最難ルート。登る前に一言、呼吸を止めないように意識して登ってみようと伝えてのトライ。本人の中でもいつもと違う感覚を感じれたみたいです。今回の登りを忘れないようにね!大会のときもいつも通り落ち着いて登れると思います。二本目は雷がなっていて集中できなかったかな?ゴール取りでフォール。次来るときにもう一度チャレンジしてみよう!

 

「カホ 一本目:ミドル② 二本目:ミドル①」

カホは一本目のトライの時、登ってやる!という気持ちが伝わってくるようないい登りでした!ゴール前で落ちてしまったけどすぐ登れそうな雰囲気でした。カホの登りは少しふらつきながら登っているイメージがあるので、もっと下半身で登れるようになるといいね。今度レッスン以外の時間に教えるので頑張って練習してみよう!

 

今月の残りのレッスンはロックフェスティバルや大会などがあり別のコーチが担当になります。

コーチも14日㈫から一週間ジムにいません。ロックフェスティバル参加者は22日㈬からベースキャンプに入れなくなるので、14日㈫以降は会えないと思います。

それまでに何か聞きたいことや練習メニューが欲しい人はコーチにいつでも聞いてください!

 

 


7/27金曜Cクラス

8/25のベースキャンプロックフェスティバル2018に

向けてこの日はリード。

 

「アオイ ジャコビ10D」

この日のアオイの登りはとても良かったです。アオイは身長が高いのにいつも高いところまで足を上げて無駄に力を使っているので、登る前に「いつもより足は低めに身長をいかして」と一言。すると下部は楽に抜けていました。傾斜が強くなるとクリップが出来ずにフォールしたけど、そこは登って傾斜に慣れるしかないです。ただ今日の登りは最近の中で一番良かったので毎回そのベストの登りが出来るともっと良くなるので頑張ろう!

 

「カホ ぽんぽこぴー5.11D」

このルートをトライするカホを初めて見たけどとてもいい登り!いつでも登れそうなトライでした。あとは距離の出し方で変わってくるので、そのパートで呼吸してリラックスしてボルダーの時のような思い切った動きが出来るかどうか。ロックフェスまでにリードでもそういう動きが出来るようになるといいね!

 

「リョウタ AOIRO5.11B」

リョウタも初のルートをトライ。若干足が深く傾斜も強いがホールドはガバなのでもっと登れるはず!リョウタは落ちそうなときにコーチの顔を見てアピールして落ちています。もっと自分の体力の限界まで出し切るようなクライミングをしよう。今の落ち方はかなり勿体ないです。そして落ちる前にコーチの顔を見るのは、まだ自分と目の前のルートだけの世界に入れていない証拠。オブザベーションを始めてから落ちてロープにぶら下がるまでの間は登ることしか考えていないはずです。ボルダーもまったく同じです。リョウタはそこがまだ出来ていないのでしっかり意識すること!

 

「ハツネ 大人のパピコ5.11D」

初のルート。ルーフの抜け口で一度テンションをかけて、そこから完登。前半のアンダーが続くあたりから足の位置が定まらなくて辛そうに登っていました。次のトライは無理やり突破するという選択もありだと思います。ホールドは持てると思うので、オブザベーションの段階で突破できそうな部分なども考えられるようにできると、更に楽に登れると思います。それとハツネは時々とても大事な呼吸を忘れて力が入りすぎている時があるので忘れないように!

 

「ソウゴ ガンツ5.11C」

最近リードのモチベーションが下がり気味なので、この日はレインボーアーチ横面の壁にチャレンジ!クリップが難しいルートで何度かテンションしたけど自分でしっかりムーブを読み解いてゴールに到達。ソウゴはたぶんボルダーのほう好きだろうけどリードも好きになればもっとクライミングが楽しくなると思うよ!どうしたら楽しく登れるのか、どう考えたら楽しいのか。クライミングの楽しいところを探しながら登るとソウゴももっとレベルアップできる!!

 

「コウシ 瀬戸ジャイアンツ5.11C」

コウシはこれをやりたいと言い選んだルート。傾斜が強く持久力が試されるルートだが、足技を上手く使いレストを刻みながら登り見事完登。最近持久力がついてきて、そのおかげか登りにも落ち着きが生まれてきています。ただ時々レストの時にも顔に力が入り苦しそうな時があるので、もっと気持ちよく登る事を意識をしよう!

 

 

 

 

 


7/19 木曜ファンクラス

暑さが続きじっとしていても汗が出ますね💦

子供たちへは水分補給のために、必ず飲み物を持たせてくださいね!

 

さて、この日はボルダリングでした。

奥の強傾斜で腕がつかれるまでみっちりレッスン!

まずはなるべくガバで、傾斜に慣れるようにトライ。

 

いつものように足で立ち上がることさえも難しいけれど、できなくてもトライすることが大切です。

少しづつ体が傾斜に慣れてきて、コツをつかめれば、どんどん楽しくなってくるはず♪

 

この日は2人指の皮がむけてしまったね。

でもそれは頑張った証拠!誰もが通る道なので、テーピングを巻いて続行!

そして最後まで誰も弱音を吐かず、休まずにチャレンジしていました。

 

最後の10分は2Fの長ものエリアでじゃんけんクライミング!

harehare

 

ムードメーカーハレル!hareruいず jannke-----n あさひ

あさひは何度か落ちてしまったけど、ようやく持ちやすいホールドが見つけられた!!

きょうだい

 

もはや恒例のスペシャルゲスト&兄弟対決さきあやか

女の子たちも頑張ります!さっき さんま

順番きめでもじゃんけん。しかも久しぶりに聞いた「サンマ」!懐かしい~みゆ

意外と傾斜が強く、苦戦して落ちる人続出(笑)

遅くてもいいから確実に進んで、じゃんけんに勝つことがポイントだっ!

 

2:1だったけど泣きの一回は勝者に2ポイント!ということで、

さき・あさひ・いず・しおチームの勝ち!!

またやろうね~


1 / 2412345...1020...最後 »

キッズアカデミーブログトップへ